鼻下 毛抜き処理

鼻下の毛抜き処理は危険

毛抜きを使った脱毛は、自己処理の脱毛方法の中で一番リスクの大きい脱毛方法です。
ムダ毛は皮膚の奥深くからしっかりと生えています。
毛抜きでムダ毛を抜いたときに、「思っていたよりも長かった!」なんて経験ありませんか?
元々体を守るために生えているムダ毛は、そう簡単には抜けないようになっているのです。
それを毛抜きなどで無理やり引き抜いてしまうのは、
それだけ肌や毛穴に大きなダメージを与えてしまうということなのです。

 

肌はちょっとした刺激でも炎症を起こしてしまいます。
痒いからと少し掻いただけでも、肌は真っ赤になりますよね。
炎症反応というものは、体の防衛機能です。
赤くなるのは血液が集中し、損傷した個所を修復しようとしている証拠です。

 

毛抜きで毛を抜いた際も、先ほど言った通り大きなダメージを受けた後なので炎症を起こす場合があります。
炎症を起こしている状態の肌は、修復作業でいっぱいいっぱいになっているため、
他の敵から守る機能が少し低下してしまいます。
これは、雑菌、細菌に感染しやすくなっているということなのです。
毛穴は汗や皮脂が豊富で、体温であっためられているため、雑菌が繁殖しやすい環境です。
炎症を起こした毛穴では雑菌が増殖し、ニキビやふきでものができてしまうのです。
毛穴の中で化膿してしまうと毛膿炎となり、中々治らない皮膚病となってしまいます。
その上、この毛膿炎は繰り返すことで大きくなり、結果肌に着きのクレーターの様な穴ぼこがあいてしまうことも…
美しい肌でいるためにも、毛抜きでの処理は絶対にしないようにしましょう!

 

>>>鼻下脱毛がおすすめサロンはこちら!<<<